□日本で最初に空を飛んだ人は沖縄人?

□花火師安里jpg

「沖縄県沖縄市胡屋の安里家の四代前の祖先が、弾力を利用し、支柱に仕掛けられた弓矢に翼をつけ、これを足で上下に動かして飛行する装置を考案、沖縄県沖縄市泡瀬の海に面した断崖から飛行実験をし、成功した」
昭和8年7月31日付の「朝日新聞」に、こんな記事が掲載されたという。
安里家は「花火師安里」と呼ばれた安里周東で、今からおよそ二百年前の人といわれている。
彼が作った飛行機は、翼につながれた弦を足でこいで羽ばたかせるというもの、形は現在のハングライダーの
ようなもので、タコのように命綱がついていたという。伝説によると、最初の飛行実験は、沖縄県南風原町津崋山の
「メーヌモー(前の毛)」とよばれる高台で行われたらしい。
妻に命綱を持たせ、高台から飛び降りると、飛行体は調子よく舞い上がった、ところが、あまり高く上がり過ぎたため、妻があわてて命綱を引いたので、バランスを失い、自宅付近に墜落してしまった。
大正のころまで、安里家には、飛行体の図面や、実験に使った道具などが残されていたが、白アリの被害にあって
やむなく焼却されたという。
飛び安里の最初の飛行実験は、1768年から89年の間にかけて行われたと言われている。
日本最初の「鳥人」として知られる岡山の表具師・幸吉の「初飛行」が、1785年6月ごろといわれているから、
ひょっとすると、「飛び安里」は日本で最初に空を飛んだ人間かもしれないですね。

人気ブログランキングへ