知恵のある娘

むかし高い山奥の池に、1匹の大 蛇が住んでいました。この大蛇は大雨 を降らせ山すその村々に洪水を起こします。そして村人に言います。 「若い娘を一人差し出せ。そうすれば 洪水を出すのを止めてやろう」 村々ではくじ引きで娘を差し出す家 を決めました。その年は、一人娘の家 がくじを引いてしまいました。みんな はとてもかわいそうだと思いましたが、 くじを引いてしまったので、どうしようもありません。 でもこの一人娘はとても勇気と知恵 のある娘だったので、心を痛めている 両親に「私が山に入るときにマスに 一杯の針とお豆を持たせてください。 そうすればきっと私は帰って来れますから」と言って出かけて行きました。 娘は山を歩きながら豆を一粒ずつ地面 に落として行きました。帰り道の目印です。そして、大蛇の住む洞穴に着くとその穴に向かってマスに一杯の針 を投げ込みました。実はその洞穴は大蛇のロだったので、針を飲み込んだ大蛇は腹中を刺されて死んでしまいました。こうして娘は無事に家に、帰ること ができました。それから村々は洪水に 襲われることもなくなったということです。      月刊やいま より

人気ブログランキングへ