見かける機会の多い天然記念物!

みなさん、こんにちは。

今日は、ヤエヤマセマルハコガメのお話しです。背中の甲羅(お腹の甲にも)中央にある蝶番構造が特徴で、八重山諸島の固有亜種です。

先日、お客様とご購入されました土地の現地確認をいたしました。住宅街の家が建ち並ぶところですが、敷地内には10mを超える大きなヤラブの木があります。その下にガザガサと音がしていましたら、セマルハコガメです。お客様に、国指定の天然記念物ですよ とご説明差し上げました。珍しいと仰って、何枚も写真を撮られていましたら、手足を完全に甲の中に隠してしまいました。

天然記念物ですが、見かける機会は多いです。道路を横断していることもあります。まだまだ、自然豊かな島だなと実感しますね。

みなさんも見かけられましたら、大事に見守ってください。

では、また。

人気ブログランキングへ