Home » 沖縄&石垣島の昔ばなし » 運のいい塩売り

運のいい塩売り石垣島の不動産は宇城不動産㈱ 石垣支店へ|土地,リゾート,住宅,マンション,など

category : 沖縄&石垣島の昔ばなし 2016.7.6

むかしむかし ある若い塩売りがおりました。その塩売りは、ある家を訪れた時、家にあった弓をみつけ何気なく手にとり間違って矢を放ってしまいました。矢はスーと飛んでゆきその先にあった倉の壁を、突き抜けて中に入ってしまいました。すると倉の中から大きな叫び声がしました。塩売りは「これはしまった」と思いましたが、なんと矢に打たれて倒れていたのは泥棒だったのです。それから塩売りは、みんなから 弓矢の名人と思われるようになり、村人たちに、近くの沼に住む 人食い大蛇を退治してくれるように頼まれてしまいました。ところが、これを面白くないと思ったものがいました。この村に住む*ユタです。ユタは、自分の祈りで退治できなかったこの大蛇を、退治してもらってはこまると思い、塩売りに持たせる弁当に、こっそりと毒を入れておきました。何も知らない塩売りは、弓矢と弁当をもって沼にむかい、大蛇が出てくるのを待ちました。でも怖くて仕方ありません。だって弓矢の名人でも何でもないんですから。そのとき沼の水がワーツとわれて大蛇が出てきました。その大きくて恐ろしいことと言ったらありません。塩売りは、弓矢も弁当も投げ捨てて逃げ出しました。大蛇は、塩売りが投げ捨てた弁当をペロリとたいらげました。ところがやがてひどく苦しみだし死んでしまいました。それを知った村人たちは「やっぱりあの塩売りは大変な強者だ」と言ってもてはやしたそうです。

月刊やいま より

*ユタとは、沖縄に古くから伝わる霊能者なのですが、一言で霊能者とは言えない存在です。 ユタは民間の巫女ともいわれ、女性が多いのですが、男性のユタも存在します。

ページトップへ戻る

comment closed

Copyright(c) 2016 石垣島の不動産は宇城不動産㈱ 石垣支店へ|土地,リゾート,住宅,マンション,など All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.6